元カノがいい感じで彼氏作ってた件

元カノがいい感じで彼氏作ってた件

なんちゃ〜ない1週間だった。
いつも通りお仕事忙しく、水曜だけ彼と食事して、他プライベートは家事終わらせ割と早めに寝てた気がする。

 

監督からのメールで、野球元カノが子持ちの彼氏と同棲してると知る。
何年か前なら落ち込んだだろうが、今はどうでもいいかな。

 

いや、どうでもいい訳ではないな。
この野球元カノの幸せは面白くないな。
常に振られればいいって思ってる。

ビジュアルと体型がイイ感じなので、女はすぐできるだろうが、付き合う女への配慮の少なさに3年持てばいいかなって思ってて、2年近くも同棲してるってことに驚きだ。

 

野球元カノは本宅と別宅が敷地内にあり、子供達は本宅でおばあちゃんと暮らし、元カノだけ別宅で寝泊まりしてた。
長男が結婚してると思うので(雑誌に式場決めた理由とかで長男載ってた)、次男だけになり気兼ねなく別宅に住めると思うが…
そうであればとっくに情報が入ってきてたはずなので、女の自宅に転がり込んだと思われる。

 

そうしなければ都合も悪い。
母子家庭が住民票を移す際に、世帯主のある場所に引っ越すとなると、母子の扶養手当が打ち切りになるからだ。
続くかわからないのに、そんなリスクは負わないはずだ。
おそらく、彼氏の自宅に泊まることが増えていき、そのまま暮らし始めたのだろう。

 

まぁ、そのうち、親切なご近所さんが「あそこの母子家庭が、男と一緒に住んでる。」と、役所に密告するだろう。
ママ友に敵ができれば、そいつが密告するだろう。

 

いつの日か、連れ子がグレればよいと、何気に思うむふっ

 

子供が小さいうちはいいけど、大きくなるといろいろと問題が生じてくる。
ほとんどの子が言うのが、母親と彼氏の夜の営みの声が聞こえてきて、それが嫌でしょうがないというもの。

 

もしななが子供の立場だったらほんとソレは嫌なので、HA〜がいるときに男を泊めることはほぼなかった。
1度だけ、今の彼が泊まったことがあるが、多分HA〜はおばあちゃんの家にお泊まりだったときだけだと思う。
母親が“女”になるときを、子供に見せてはならぬのだ。
これが夫婦ではなく、“母と恋人”だからいかんのだ。

 

監督は相手の子供が小さいから同棲解消ってメールで言ってたけど、それも意味不明。
小さいからこそ“今のうち”だと思うの。
親子の絆が小さいうちにできれば、大きくなったときの衝突は少ない。
再婚するなら子供が小さいうち。これに限る。
思春期に入った頃に、母親が再婚とか嫌でしょ。

 

連れ子のいる相手と同棲などと、中途半端な家族形態が子供に対して失礼だつってんの。
一度失敗してるので、籍を簡単に入れることに躊躇しちゃう気持ちはわかるけど…
監督みたいに同棲→別れってなったとき、母親としての履歴が汚れちゃうわけよ。
また次もそんなことがあったら、子供に恥ずかしい。。。
母親は男にだらしないって、そう思われることがななはもう嫌で仕方ないの。。

 

どいつもこいつも子供はおっぽらかして、女の家に転がりこんで…
やっぱ監督と野球元カノは似てると思ったたらーっ(汗)
野球元カノは、我が子が成人してからなので、まだマシなのだろうか。

 

そんなことを言ってるななも、嫁のいる彼のところに戻ってしまったので、偉い事を言う資格がないんだけどね。

 

ふとこないだ、喫煙室で思ったの。
30代でまっさらの独身見てると、結婚したいと思ってはいるものの、活発に動きもなく時間だけが過ぎて歳を重ねてる感じなんだけど…
40代のバツ一組って、動き激しすぎじゃない?たらーっ(汗)
ななの周りだけかな。
バツ一ゆえに、妥協があるってことかな。
まっさらだと、やっぱし理想を追及しちゃうのかな。

 

うちの職場のバツ2ハゲなんて、3回目の結婚なのにね。
まだ1人もゲットできないムーミンがいるっていうのに、1人で3回も結婚するな。
分けておあげなさい って思うが、積極的に活動しない&理想高い、独身組の自己責任かな?
結婚したくないっていうなら話は別だけど、結婚したいのであれば、ななの周りの40代みたいにガンガンいくしかないよね〜。

 

と、こんなこと考えるヒマがあり、平和だ。

 

彼の、以前の“なな命”的な情熱を感じることができず。。
自分がいたらななの再婚の邪魔になる という、彼なりの優しさだとはわかっているけど、ななは、彼とヨリを戻した地点で、再婚はもうできないって覚悟を決めた。

 

なんかちょっと寂しいんだよねぇ。

 

かといって、ハードな恋愛やときめく恋愛はきついし。

 

おばはんはわがままだなぁって、つくづく思う。

 

ばばぁは折り返し地点にくると、今までガマンしてたことをガマンしなくなる。
子育て終わったらさ、わがままに生きていいって思ってる。
あんなおばはんにはなりたくないと、若い頃に思ってたけど…
だいぶそんな感じ。

関連ページ

背中を押された日
占いとは、往々にして良きことを信じ、悪しきことは当たらないものと思い込む。 日本人の一般的特徴のひとつですよね。
初の婚活パーティーの感想
婚活パーティーに初めて参加しての感想を今回書かせてもらいますね。
婚活でキャンドルナイトなるものに参加しました
キャンドルナイトってなんぞやと興味津々ながらに参加した時の感想をまとめました。
愛しのエリーを聞く
愛しのエリー。それは二十歳の時でした。街にはこの曲が流れていた。 もう、辛いんですね。 相手のことが好きなんだけれど、お互い、恋愛経験が豊富にあるわけでもなく手探りなんです。
もったいなかった!
もったいない日の過ごし方をしてしまった、しがない管理人の雑記です。
婚外疲れというものが存在していると初めて知った!
婚外疲れというものが存在していると初めて知りました。正直言ってびっくりです。こんなのもあるんですね。婚活疲れと見間違いましたもん。